住宅用火災警報器について

住宅用開催警報機の設置は消防法で義務付けられています

住宅火災で死亡する原因の約6割が逃げ遅れによるものです。このことから、火災の発生を早く知らせ、逃げ遅れによる方を少なくするため、平成16年6月に消防法が改正され、住宅火災から身を守る取り組みとして、住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。

住宅用開催警報機の種類

煙を感知する「煙感知器」を、熱を感知する「熱感知器」の2種類があります。

  • 煙感知器]は寝室、階段室に設置しましょう。
  • 熱感知器は台所に適しています。また、火災のほかにガス漏れなどを感知する複合型感知器もあります。
猫4
猫4

どこに設置すればいいの??

  1. 寝室(普段就寝に使用している部屋)
  2. 寝室がある階の階段室
  3. 一定の条件による廊下、階段室(下図参照)

住宅用火災警報器設置場所早見表

猫4
猫4
猫4
寝室 1階のみ
猫4
寝室 2階のみ
猫4
寝室 1階・2階
猫4
寝室 1階のみ
猫4
寝室 2階のみ
猫4
寝室 3階のみ
猫4
寝室 1階・2階
猫4
寝室 1階・3階
猫4
寝室 2階・3階
猫4
寝室 1階・2階・3階
寝室がない階でも居室(7㎡以上)が5部屋以上ある場合
猫4
寝室 1階・2階・3階

設置するときの注意点

正しく取り付けないと誤作動の原因となります。取扱説明書をよく読んで、正しい位置に取り付けましょう。

猫4
天井に取り付ける場合
猫4
壁に取り付ける場合

このページに関するお問い合わせ先

美方広域消防本部 警防課警防係

兵庫県美方郡新温泉町今岡257-1
☎ 0796‐92‐0119  Fax 0796‐92‐0594

ページの先頭へ