119番の仕方(救急)

救急現場

119番通報をすると、通信員が出動に必要なことをお伺いします。緊急性が高い場合は、すべてをお伺いする前でも出動します。あわてず、落ち着いて答えてください。

  1. 119番するときの要点

    1. 救急であることを伝える

      119番通報したら、まず「救急です」と伝えてください

    2. 救急車に来てほしい場所を伝える

      場所は、必ず町名から伝えてください。場所が分からない時は、近くの建物や交差点など、目安となる物を伝えてください。

    3. 具合の悪い方の症状を伝える

      最初に、誰が、どのようにして、どうなったと簡潔に伝えてください。また、分かる範囲で意識、呼吸の有無等を伝えてください。

    4. 具合の悪い方の年齢、性別を伝えてください

      具合の悪い方の年齢と性別を伝えてください。年齢が分からない時は、「50代」のように、おおよそで構いませんので、そのように伝えてください。

    5. あなたのお名前と連絡先を伝える

      あなたのお名前と119番通報後も連絡可能な電話番号を伝えてください。場所が不明な場合などに、問い合わせすることがあります。

  1. 119番通報(例)

    通信室

    119番
    家事ですか? 救急ですか?

    通報者

    救急です

    通信員

    場所はどこですか?

    通報者

    新温泉町今岡257番地です

    通信員
    どうしましたか?
    通報者

    お十さんが、頭が痛いと言って、うずくまっています

    通信員

    何歳ですか?

    通報者

    55才です

    通信員

    あなたのお名前と連絡先を教えてください

    通報者

    私の名前は、消防太郎です
    電話番号は、92-0119です

    通信員

    可能でしたら、救急車の誘導をお願いします

    通報者

    はい、分かりました

このページに関するお問い合わせ先

美方広域消防本部 警防課通信係

兵庫県美方郡新温泉町今岡257-1
☎ 0796‐92‐0119  Fax 0796‐92‐0594

ページの先頭へ